ミスをしても、「自分」の存在価値は傷付かない。




二週間前にマウスピースを変えたのをきっかけに、「音が外れても、ミスってもほんとうに構わない」「だから骨盤底に息のコントロールを預けよう」とよくよく思いながら吹いてると、ミス量が四割くらい減った。

より普通のマウスピースにしたことで、息の仕事のキツさが減った。そのことで逆に骨盤底にコントロールを預けきる気持ちになれた。こういう技術的な要因が一部。

でももっと大きな要因は「ほんっとに外してもよい、ミスしてもよい」という思考を意図的にするようにしている面。

 

 

プロアマ問わず、数年以上の経験と技術を持つひとがミスや不確実さ、不安定さに悩み苦しみ緊張する最大の根っこは「ミスしてはいけない」「ミスしたら‥‥以下悪い連想」というタイプの思考。

逆説的だが、「ミスをしても大丈夫」「音を外そうが、ミスしようが、自分には本質的に価値がある」とぎこちなくても気持ち悪くてもよいから意図的に「思う」ようにするのが、ミスの悩み苦しみから解放される方法に思う。

これが事実であることを、頭でも心でも理解していけると、本当にものすごく変わります。どちらからでもよいです。私は頭で理解しているので、それを少しづつ少しづつ心に染み渡らせています。時間はかかりますが、その度に、意味ある変化や解放、成長があります。

逆説的であり、皮肉ですが、ミスに気を取られないことこそがミスを減らす王道なんですよね..ミスが多いか少ないかでもちろん試験やオーディションは行方が変わる。でも、ミスの多い少ないは「減らそう」としても結局変わらず、そこが「実力」なのかもしれません。

「ミスしたら、最悪どうなるのか」を深く見つめると、死ぬわけではない。そして自分という存在に傷がつくわけでもない。そこまで踏み込めて、そこから「ミスしても大丈夫」と心から思えると、緊張が無くなります。私もその途上です。