練習と「愛」

*わたしのTwitteより。その2*

 

 

練習はなぜやるのか?「ダメな自分を良くするため」か?それとも「楽器が好きだから」か?

上達するために練習が必要なら、その動機は「楽器が好きだから練習する」で良いのではないか?ダメな自分、下手な自分を否定し「改善」するための努力は必要なのだろうか?

 

 

 

音楽に打ち込むひとの、素敵な特徴に「自己鍛錬ができる」ことが挙げられる。プロアマ問わずだ。

プロアマ問わず、音楽家は「規律」を内面化している。これが人生のとても強い支えになる。なぜ、音楽に打ち込むひとは「規律」という価値を獲得できるのか?

それは、楽器には練習が必要であり、努力が必要であると同時に、楽器をやるひとは楽器を愛しているからだ。つまりあらゆる努力が「愛」から生まれるからだ。

そのため、規律も努力も全て自分への労わりであり贈りものになる。これが音楽家の持つ、自分で自分を満たせる構造だ。物や成果や評価に自分の存在価値を預けないでいられる強さ。

それなら尚更、「ダメな自分を改善する」自己否定式の努力は必要ないのではないか、と思わざるを得ない。これが実は身体を緊張させ、エネルギーを奪い、やる気を萎縮させ、努力から自分を遠ざけさせたくなる。つまり「辛い」のだ。

世の中には少数の「自分に甘い」ひとと大多数の「自分に厳しい」ひとがいる。パフォーマーとして成功するひとには前者が多い。だから彼らは、自分に厳しくすること、律することを殊更に強調する。自分ではその意識が役に立ったからだ。

だが、世の中の大多数のひとは自分に厳しい。とくに日本はそうだ。だからこそこれほど清潔で安全な社会になる。

自分に厳しい大多数のひとにとっては、更なる厳しさは、自己否定と萎縮につながる。重要なのは過度の厳しさや自己否定をすこしづつ剥がし、いつも変わらずそこにある、音楽と楽器、そして自分自身への愛にもう一度触れ、感じること。

そこから生まれる努力は愛と自己受容に裏打ちされ、揺るぎない強大な「規律」となって、無限の好奇心、探究心、喜びを供給してくれる。

アレクサンダーテクニーク教師としての私の仕事は、ひとがやりたいことをできるようにするために邪魔になっている「余計な」ことを手放す体験と実感そして方法を提供すること。そのためには、私自身がその道を歩まねばならない。日々、修行。ただし、気持ちが軽くなる修行である。

 

 

 

 

ジュリアード音楽院やギルドホール音楽院、バークリー音楽院から英国王立音楽大学など世界のトップレベルの音楽教育機関で、演奏家の才能を守り育てるために必須となっている心身教育メソッド「アレクサンダー・テクニーク」。無料メルマガですが、配信内容は豊富で出版されているあらゆる本より分かりやすく、役立ちます。

 

 

 

日本初の金管専門家でアレクサンダー・テクニーク教師&ホルン奏者、

バジル・クリッツァー が発信するメールマガジンです。

 

「管楽器&アレクサンダー・テクニーク」というテーマで、

 

・アレクサンダー・テクニークが管楽器演奏に具体的に応用

・私のアレクサンダー・テクニークと管楽器の応用を研究の歴史

・レッスンの内容やスケジュール案内

・ワークショップの割引ご招待

 

をメルマガで配信します。完全無料です

 

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    Yuki Heins (水曜日, 01 2月 2017 13:31)


    I'd like to find out more? I'd care to find out some additional information.

  • #2

    Kimberly Hirano (火曜日, 07 2月 2017 08:58)


    Amazing! Its genuinely amazing article, I have got much clear idea regarding from this piece of writing.