心が軽くなっていく!

・岡本元輝さん フルート奏者

・東京音楽大学卒業。

・ウェブサイト「岡本元輝 Genki Okamoto Flutist」

新しい刺激がほしくて

Body Chance に通うきっかけは、同じ大学の友人がアレクサンダーテクニークのレッスンに通っていることを聞き、レッスンでの話を聞くうちに興味が湧きました。

 

実際にレッスンを受けたことがなかったのですぐにBody Chanceに問い合わせをしてレッスンの見学に伺いました。

生徒さんの輝く顔を見て、すぐに決意

見学に行った時は驚きの連続でした。

 

こんなに音色が良くなるのかと!!

なにより吹き終わった後の受講生の顔が輝いていたのが印象的でした。

 

その時私は思いました。

 

今の自分に必要なことはアレクサンダーテクニークを演奏に取り入れることなんじゃないかと。そうして、見学したその日のうちに入会の手続きをしました。

 

演奏の変化を目の当たりに

初めてのレッスンが終わった時「ここに来てよかった!!」と思いました。

 

演奏している時に腰が段々痛くなるのが悩みだったのですが、構え方を少し変えたら楽になり、息の流れもスムーズになったのを覚えています。

 

とても不思議な感覚でした。

 

また色々な楽器のレッスンを間近で見て演奏の変化を目の当たりにしたのは、私にとってとても刺激的で、たくさんの発見がありました。

練習が楽しい!

アンブシュアが安定しないという悩みをBodyChanceの先生に相談すると、「じゃあ作らなきゃいいじゃん!!」....私にとっては驚きの提案でした!

 

ある程度の意識は必要だけど、意識しすぎると体の余計なところが硬くなってしまっていたのです。

 

アンブシュアを作ることをやめると、豊かな音が鳴りました

 

毎回のレッスンの後に思うことは、「はやく楽器を吹きたい!」です。

レッスンを受けた後の練習の楽しさは忘れられません。

 

いまの自分にも、未来の自分にも大切なものが得られる

BodyChanceのレッスンに通い始めて、BodyChanceには、音楽専門アレクサンダー・テクニーク教師養成コースがあることを知りました。

 

通っているうちにアレクサンダーテクニークをもっと深く学びたい、もっと自分自身の演奏に生かしたいと思い、教師養成コースに入学することを決めました

 

いま、教師養成コースに通い始めて約半年が経ちました。

 

一つの授業から得られるものは多く、授業での体験は今の私と、未来の私に必要なことで、改めて教師養成コースに入ってよかったと思います

 

思考の整理の大切さ

教師養成コースに通ううちに、私の中に一つの考えが生まれました。

 

身体の動きと思考は密接に関係しますすが、私はその思考がとても大事だと思っています

「この部分をこういう風に演奏したい」と思うのも思考のですし、「自分はこの曲が苦手」と思うのも思考です。

 

特に苦手なところに対しての考え方はが変わったと思います。

 

「なんで苦手だと思うの?」自分に対して質問をしたりするようになりました。

 

少しずつ自分の思考を整理していくと、何かに気がつく瞬間がありました。できない自分に対してとても否定的だったのです。

 

そのことに気がついた時は、心に重さがなくなって軽くなりました。

 

そして否定的になっている時は、身体を固めていることが多いと気づいて、気がついた自分に「気がついてよかったね!とお祝いをするようになりました!

日常生活の助けに

私にとってアレクサンダー・テクニークは演奏だけではなく、考え方、日常生活、人との接し方にとても役立っています。

 

これからの授業で得られるであろう学びを、今後の自分の活動、生活に活かしていきたいと思います。

 

 東京音楽大学フルート専攻卒業

岡本元輝

詳細資料をダウンロードする

2017年度音楽専門アレクサンダーテクニーク教師養成コースver1.pdf
PDFファイル 1.2 MB