絶望的だった指がコントロールできるようになった!

尾上千温さん(ピアノ、サックス)

アレクサンダーテクニークという言葉は、学生の時に知って興味を持っていたのですが、初めて触れたのはそれから数年後、サックスの演奏家が集まるイベントで、アレクサンダーテクニークの講習会を目にしたときでした。

 

その時、私は楽器を持参していなかったのですが、バジル先生の一つ一つの指導に、受講生の表情がみるみる明るく変わっていったのが印象的でした。

 

このときはまだ半信半疑の状態でしたが、もっと深く知りたいと思い、ベーシックコースに通うことを決めました。

悩みや経験年数の様々な人たちが、同じ場所でレッスンするので、歌う人、演技をする人、パソコンを使う人など内容も様々で、見ているだけでも自分に活かせることもありましたし、雰囲気も良いので楽しみながら勉強できました。

 

私には、フォーカルジストニアという演奏しているときだけ指が思うように動かなくなる症状があります。この症状は脳外科手術でしか治らないと聞いていて、それをアレクサンダーテクニークで良くすることは期待していませんでしたので、主に肩こりや腰痛の対策を目的として受講していました。

ですが、特に管楽器のレッスンを受けている方に大きな変化を感じられる方が多かったようなので、私も受けてみようかなという気になりました。

 

私にとっての初めてのアレクサンダーテクニークの音楽レッスンは、ピアノで受講しました。レッスン前は、弾くときに人差し指だけ丸く巻き込んでしまい、本来鍵盤に触れるべきである指の腹とは逆側の第2関節のあたりで弾くという状態でした。

 

レッスンを受けて、どうにもならないと思っていた指を、ほんの少しの心の持ちようで鍵盤が押せるまでにコントロールできるようになったのです。

もちろん完璧に思う通り弾けるようになったわけではありませんが、手術する他にないと今まで絶望的に思っていたことが、アレクサンダーテクニークを続けていけば、もしかしたら克服できるかもしれないと思い、希望が湧いてきました。

 

通い初めて約2年になりますが、まだまだ発見の連続で、これからもアレクサンダーテクニークのレッスンを続けていくつもりです。