本番では緊張してもポジティブになれる

真希さん(トランペット)

長年の悩み


アマチュアのオーケストラで、トランペットを吹いています。私がアレクサンダー・テクニークのレッスンを受けてみようと思った理由は、


あがり症=人前で吹くのが苦手

タンギングが苦手

高音域の音をいきなり出すのが苦手


という、長年抱えていた悩みをなんとかしたいと思い立ったからでした。


音が開放的になった

 私の場合、レッスンを受けた後には毎回、

「こういう音を出したいから、体にこういう指令を出して吹いてみよう」という、

意識ややり方が明確になって、音が開放的になっていくような変化を感じています。

 

アンブシュアがシンプルになった

アンブシュアの捉え方も、金管楽器の構造でいう「マウスピースと唇をくっつける」というシンプルなものに変わりました。

その変化だけでも、いろいろなアンブシュア/構え方を試す余力が体全体にできるので、音を何度かならす頃には、よりbetterになるアンブシュアにハマっていって、それが体に自然と染みついてきています。

タンギングや高音域の音もまだまだ課題はありますが、周囲の反応からも、自分の録音を聴いても、良い方向に変化しているのが分かるようになってきました。


本番では緊張してもポジティブに

本番前に極度に緊張する事については、残念ながらレッスンを受けても完全にはなくなりません…。

しかしながら、例えば「緊張して震えてはいけない」とか、そういうネガティブなことにエネルギーを使うこと自体が、本番の舞台ではもったいないことだと思うようになりました。

「緊張状態で震えていても、頭が動けるようにしてあげれば、体を自由に動かすことができる」ことに気づいてからは、「こういう音を出したい!」というポジティブな方向に、驚くほど自由にエネルギーが使えます。

そうして、本番を迎えると、「音楽をすること」に集中できているのか、オーケストラの中でも一瞬の音もクリアに聴こえて、もっと良い音を響かせられるはずと、頭や体がまた動いていくような感じになっています。


自分にもっと可能性が感じられる

ベーシックコースに通い始めてからは、グループレッスン(正確に表現すると、個人レッスン×参加者の人数分という構成)なので、いろんな人の悩みが解決する様子を何度も目の当たりにします。

今まで気が付いていなかったけれど、自分にも同じ問題があった、という事もよくあります。そうすると、予想外に自分に役立つアイデアをほかのひとのレッスンから得られたりします。

アレクサンダー・テクニークでの頭〜体の不思議な変化を体験したことで、自分も「もっと自由に良い音で演奏できるのかも…」という思いに繋がって、レッスン開始直後〜今まで、ずっと前向きに練習に取り組めています。

 

技術面だけでなく、精神面での伸びしろも広がっているので、これからもいろんな曲に挑戦していきたいと思います。

 

  

レッスンを受ける