浅原ルミ子さん(クラリネット、ユトレヒト音楽院在学中)

BodyChanceのベーシックコースに通うきっかけは、約1年後に控えていた音楽大学受験にATを生かそうと思ったからです。それ以前から、テーブルワークとチェアワークという、異なるスタイルのアレクサンダーテクニークのレッスンを行う教師でレッスンを受けていました。



それが大変役に立ったので、受験を控えて、よりクラリネット演奏に直結したレッスンを受けたいと思い、同じ管楽器奏者であるバジル先生のレッスンに興味を持ち、通う事を決めました。


当初、特に悩んでいたのは、演奏中に右腕がすぐに痛み出すことでしたが、

・腕の始まりはどこか
・指はどこか
・そしてそれらと楽器の位置関係など

がはっきりすることで、痛みが出なくなるようになりました。


今ではエチュード1曲を吹き終わっても、腕は痛くなりません。


また、出にくい音や、やりづらい運指の組み合わせについては、

・その音を出す時に空いている穴は楽器のどの位置にあるのか
・そのキーを押すとどこがどう動くか

という「マッピング」を明確に認識することによって解決することなどを学びました。


そしてこれらの解決法は、根性でもなんでもなく、非常に合理的で、自分の心を痛めることもありません。レッスンの後には「上達への希望」と共に、スキップしながら帰ることが多かったです。練習が楽しくなっていきました。


さらに、こういった身体上の悩みを解決する過程で、楽器を演奏するという事、音楽を奏でるという事について認識を新たしました。

例えば、前述の、腕の痛みの相談の際には、新しい曲の練習に際しては、いきなり楽器で音を出すのではなく、

どんな曲なのかじっくり観察し

ソルフェージュする

指は自然とその音楽の通りに動き

腕も痛くならなかった

のです。


実は、音大を目指しながらも「私は音楽が好きなのだろうか、本当に演奏したいのだろうか」と自分に対して半信半疑で、そのことで落ち込むことも少なくなかったのですが、レッスン中の対話を通して、「私には音楽が必要、演奏したい。」とクリアになりました。

この「望みの明確化」は外国で一人暮らしをしながら学んでいる今、日々の勉強の大きなよりどころです。これは、「根性」とは違う、本当の「望み」だからこそ、いつでも頼ることができるのだと感じています。バジル先生の著作や、薦めていただいた本も、この柱の建築に大いに役立ちました。


また、グループの他の皆さんが具体的に変化し、望みを達成していく様子を目前に見ると、心から「おぉ!!」と喜び、強く励まされました。

更に他の方のレッスンから自分にも当てはまることも多かったです。これらはグループレッスンの長所だと思います。

ちょっと気分が乗らない、あるいは体調の優れない日でも、スタジオに行くと元気になるのが不思議でした。


現在通っているオランダの音楽院では、必須授業としてアレクサンダーテクニークのレッスンを受けています。私は更にプライベートレッスンも受けています。

卒業後は帰国して、音楽家として働きながらアレクサンダーテクニーク教師も目指そうと考えています。音楽が好きなのに痛い、辛い、悲しい思いをしている人の役に立つ音楽家になることが私の望みです。

いま申し込むと超お得!見学(無料)を申し込もう!


見学したその日に継続受講を申し込むと、超お得!

ベーシックコース受講者だけが受けられる個人レッスン(1回あたり ¥10,300)を2回=¥20,600 プレゼント!

 

非売品特別DVD『ジェレミー・チャンスによるアレクサンダー・テクニーク~身体のユーザーズマニュアル〜』をプレゼント!

 

バジル・クリッツァーの最新書籍 (¥1,200) をプレゼント!

 

入会登録料 ¥5,400 が ¥ 0に!

 

合計 ¥42,320 分お得なスペシャルオファーです!